乗り換えスマート!―ソフトバンクへの乗り換え代理店ランキング

2019年現在、スマホを他社からソフトバンクに乗り換えて現金キャッシュバックをもらえるネット代理店を調査。ランキング形式でご紹介します。
MENU

2019年調査、現金キャッシュバックをもらえる乗り換え代理店ランキング

他社からお得にソフトバンクに乗り換え

ドコモとauがキャッシュバックから撤退や有料コンテンツ抱き合わせを行う中、ソフトバンクのネット代理店は2019年現在も変わらず外部コンテンツ加入なしでキャッシュバックを続けています。

 

いずれ総務省に注意されて全面禁止になるかもしれませんが、私たち消費者にとっては非常にお得な施策になるので活用したいところ。

 

というわけで今回は、他社からお得にソフトバンクに乗り換える方法を解説していきます。

 

 

ネット代理店なら自宅にいながら乗り換えできる

ソフトバンクのネット代理店なら外部コンテンツ加入なしで現金でのキャッシュバックを継続しています。

 

その上店舗に出向いて長々と説明を受けることなく、自宅にいながら乗り換えることができるので、非常に便利なサービスです。

 

特に小さい子供がいる方や、なかなか時間が取れない方には最適でしょう。

 

おすすめの代理店をいくつかご紹介します。

 

現金キャッシュバックがつくネット代理店ランキング

おとくケータイ.net

東京・池袋にあるこちらのお店は創業8年目。

 

実績も豊富で、ネット代理店の中でも老舗といえます。

 

代理店の仕事を続けてこられたのも、丁寧な対応やキャッシュバックといったサービスが評価されているからです。

 

もちろんお店に出向く必要は一切なく、すべてネット上の手続きで乗り換えが完了します。

 

契約書もネット上のフォームに書き込むだけなので、郵送などの必要はありません。

 

(ソフトバンクへの支払いが口座振替の場合については、口座情報を郵送する必要あり)

 

数日で手元に新しいスマホが届くので、指示通りに電話1本で開通作業を行なえば乗り換え完了です。

 

お店に行ってから待たされたり、長々と説明を聞かされる必要もありません。

 

スマホを乗り換える際は、一番に検討するべき代理店だと言えます。

 

 

スマホ乗り換え.com

ネット契約に力を入れていて、キャッシュバックが出るまで早さが特色のショップです。

 

店舗は東京・池袋、大阪・難波の2ヶ所にあり、お店での乗り換えも可能です。(ネット契約への移行に伴い、実店舗は減ってきています。)

 

お店で乗り換えた場合にはその場でキャッシュバックがいただけます。

 

ネット申し込みでも、契約完了日から7営業日以内に現金振込してもらえます。

 

営業に力を入れているショップですので、キャッシュバック額もトップクラス。

 

もちろん外部コンテンツの加入は必要ありませんので、安心して使用できます。

 

この運営会社は同様のサービスを複数展開しており、条件等は同じになります。

 

 

SMART PHONE STORE

このショップの良いところは、サイトが見やすいところです。

 

見積もりをサイト上で行うと、オプションなしの基本プランを解りやすく表示してくれます。

 

逆にプランを自分好みに組み替えたい方には窮屈に感じるかもしれません。

 

女性の方が運営責任者をしており、サイトの雰囲気もスッキリした印象です。

 

さらに新規契約でキャッシュバックが出るという、初めて携帯を持たれる方にお得なサービスを展開しており、乗り換えキャッシュバックも少額ですがもちろんあります。

 

ユーザー側が申請期間内にキャッシュバック申請をし、開通月から半年後に振り込まれる形になっています。少し遅めですね……。

 

携帯ショップや家電量販店よりもネット代理店が便利な点

ソフトバンクの乗り換えキャッシュバックを活用するには、ソフトバンクの代理店で乗り換える必要があります。

 

その中でも、携帯ショップや家電量販店ではキャッシュバックを利用する条件として、有料のコンテンツを抱き合わせで複数加入することだったり、キャッシュバックがポイントや商品券で払われたりすることもよくあります。

 

一方、ネット代理店では外部コンテンツ不要、現金でキャッシュバックされる店舗もあります。

 

二つの大きな違いは店舗維持費の違いにあります。

 

携帯ショップや量販店は実店舗を用意する必要があり、光熱費、人件費もかかります。

 

ネット代理店はそうした費用を少なくできる分、「有料コンテンツに加入することで得られるマージン」に頼らずとも、キャッシュバックに回せる余裕が生まれてきます。

 

また、ソフトバンクから契約数に応じて貰えるインセンティブ(販売奨励金)はどの代理店でも同じ額が貰えるわけではなく、代理店の中でも契約数や実績の多い代理店、ソフトバンクと繋がりの深い代理店の方が多く貰えます。

 

実績が多いネット代理店はインセンティブを多く貰える上に店舗維持費を抑えることができるので、無理な売り込みをしなくてもキャッシュバックを多く設定できて、対応も丁寧にできるのです。

 

携帯ショップや家電量販店よりもネット代理店が不便な点

自宅にいながら便利に使えるネット代理店ですが、乗り換えの際、新機種の受け取りは郵送という手段を使うので、新しいスマホが手元に来るのに数日かかってしまいます。

 

また、購入する機種を事前に手に取って確認することは出来ません。

 

この2点さえ問題なければ、ネット代理店はとても便利です。

 

ネットでも申し込みの場合、アフターサービスを心配される方もいると思います。

 

こちらの記事で紹介しているお店は、正規品を取り扱っています。

 

ですので契約後はお近くのソフトバンクのお店でアフターサービスを受けることが出来るんです。

 

代理店に連絡すれば、簡単な事であれば対応してくれます。

 

またソフトバンクのお店でも相談に乗ってもらうことが出来るので、アフターサービスについては心配いりません。

 

 

総合的にはネット代理店での乗り換えがおすすめ

キャリアを契約してから二年が経つまで無料解約ができない、いわゆる二年縛りの契約。

 

スマホに詳しい人であればそのタイミングで乗り換えキャッシングバックなどを行っているキャリアに乗り換えてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

なんせ解約するには絶好の機会というのは、他キャリアにとっては喉から手が出るほど欲しい、乗り換え客を獲得する絶好のチャンスだからです。

 

そのため何としても乗り換え客を取りこぼさぬよう、他キャリアは新規顧客の獲得施策として一括0円や乗り換えキャッシュバックなどの誘致キャンペーンを行ってきました。

 

しかし、キャッシュバックの規制が総務省から命ぜられると、大手キャリアのキャッシュバックによる新規顧客獲得合戦も鎮火傾向となり、正攻法で戦っていたドコモはいち早くそうした施策から退いていきました。

 

現在auを取り扱う携帯ショップの中には、今までと同じように一括0円やキャッシュバックを出しているお店もありますが、多くの場合有料コンテンツにいくつも入ることが適用の条件となっています。

 

条件を総合的に見ると、やはりネット代理店での乗り換えがおすすめです!

 

2019年の乗り換えキャッシュバックの相場は3〜5万円

乗り換えキャッシュバックはいくらもらえる?

 

スマートフォンを新調する際に適用されるキャッシュバックの金額は、種類や乗り換えるタイミングによって変動しますが、大体3万円前後くらいが相場とされています。

 

昔よりは下がっていると言われていますが、それでも長く使っているとその有り難みを十分感じ取ることが出来るでしょう。
たとえ千円単位でも、出費が減るのは嬉しいことです。

 

またおとくケータイ.netやスマホ乗り換え.comは、年末など特定の時期や、iPhone新機種が売り出されるといったイベントを迎えた時に、それに合わせて大規模な減額サービスやキャンペーンを開催することも少なくありません。

 

キャッシュバックではなく本体そのものを安くしてくれることもあります。

 

そうすると10万円の機種が半額以下で入手できるなど色々お得になるので上手く活用すると良いでしょう。


このページの先頭へ